バイク車検で安心・安全!イチオシ業者紹介

home > バイクの車検について > 車検を受けるときに注意点があります

車検を受けるときに注意点があります

車検を受けるときには、ディーラーの他にガソリンスタンドや整備工場などがあります。その中で、注意したい点が料金が異なるという点です。費用を大きく分けると法定費用と整備費用があります。その中で、法定費用は自賠責保険料や重量税などでどこに依頼をしても同じになります。しかし、整備費用に関しては違いが出てきます。そのため、事前に見積もりを依頼して比較をすることが大切です。ちなみに、チェックするポイントとしては、24ヶ月定期点検の基本料金とパーツに注目をします。パーツに関しては、車検を通すために必要な物から、快適に走行をするために必要な物まであります。もちろん、見積もりを依頼するところによって、内容は若干異なりますが保安部品に関しては基準値以下やぎりぎりの場合には掲載されています。そして、見積もりを取るところによってパーツ代や工賃が変わってきます。

24ヶ月定期点検の料金の目安としては車によって異なりますが、ディーラーで4万円から10万円ほどとなっています。そして、整備工場の場合は2.5万円から8万円が相場になっています。これは、走行に必要なパーツなどに異常がないかを調べるための費用です。エンジンやブレーキやライトなどの電気系統に異常がないかを検査します。もちろん、これによって異常が発生したときには調整や交換が必要となります。先ほどもあったように車検前に見積もりを取ることによって、ある程度どこの部品を交換しなければならないかなどがわかります。年式古くなってくると、オルタネーターやラジエーターなどの故障が見つかることがあります。そうなるとかなりの費用が必要になります。そして、注意点としては見積もりに記載されていることを全て行わなければなら胃というわけではありません。もちろん、保安部品に関しては必須ですが、それ以外のエアコンフィルターやオイル交換は任意となっています。とはいっても、エンジンオイルなどはエンジン性能や消耗に影響を与えるので、車検の時に同時に行ったほうが安心です。しかも、整備途中で行うため普段よりも安い金額で提供されていることが多いです。

実際に車検を依頼するときには、必要書類を準備しておきます。基本的には、自動車検査証と自賠責保険証と自動車納税証明書が必要です。そして、書類に押すために所有者のハンコも必要になります。それ以外に注意点として、タイヤ盗難防止のロックナットをしている人は、ロックナットアダプターを忘れてはなりません。これがないと点検ができず、車検ぎりぎりの場合切れてしまいます。そして、あまり多いパターンではないのですが、座席のヘッド部分を外している人がいますが、標準でついている場合にはついていないと車検を受けることができない場合があります。ちなみに、車検は一か月前から受けることができます。そして、事前見積もりをしたり、早期予約をすることで割引をしてくれるところもあります。そのため、ぎりぎりではなく、万が一の時のために早めに行うことが大切です。

次の記事へ

カテゴリー