バイク車検で安心・安全!イチオシ業者紹介

home > バイクの車検について > 正しく車検を受けて安全に運転する

正しく車検を受けて安全に運転する

車検とは自動車検査登録制度の事であり道路運送車両法に基づいた国の制度である為、検査を受けなければ自動車を運転する事が出来なくなってしまいます。自動車が安全基準を満たしているかどうかを一定の期間で検査する事によって、公道を走っても問題ないかを検査します。車検の有効期間は車種ごとによって決まっており、自家用乗用自動車の場合は新車登録から初回検査までが3年間でそれ以降は2年ごとに検査を受ける必要が有ります。貨物自動車の8トン以上は初回から1年ごとでそれ以降も1年ごと、8トン未満であれば初回は2年後でそれ以降は1年ごとの検査が必用です。軽乗用車も自家用乗用自動車と同じで初回は3年後でそれ以降は2年ごとの検査が必要になります。小型自動車二輪の250ccクラス以下のオートバイは車検を受ける必要がないので、自主的に点検をしておく事が必用です。

車検が切れた車を行動で走らせると道路運送車両法違反で、違反点数6点で30日間の免許停止、6か月以下の懲役または30万円以下の罰則を受ける事になります。車検が切れた車では公道を走る事が出来ないので、仮ナンバーを申請したりレッカー車の手配をして検査場まで持ち込む必要が有ります。一度車検が切れてしまった車の車検を受けようとすると、余計な手間や費用がかかってしまう可能性があります。車検は満了日の1ヶ月前から受ける事ができるので、車検が切れてしまわないうちに前もって検査を受ける事が可能です。満了日の1ヶ月前以内であればどんなに早く車検を受けても良いので、次の満了日をそのままに有効期間を伸ばす事が出来ます。車検満了日前の1ヶ月以上前に車検を受ける事も可能ですが、有効期間はその受けた日から2年間になるので注意が必用です。

車検が切れるタイミングで自賠責保険の期限が切れてしまう可能性があるので注意する事が必用です。自賠責保険は交通事故による被害者を救済する為に加害者が負うべき経済的な負担を補てんする事で、基本的な対人賠償を確保する事を目的としており、原動機付き自転車を含むすべての自動車に加入の義務があります。車検と自賠責が切れた車を公道で走らせると、違反点数12点と90日間の免許停止、1年6か月以下の懲役または80万円以下の罰金といった重い罰則が科せられます。車の点検をする事で運転者以外にも周囲に人の安全を守る事になるので、車検は自賠責保険と併せて早めに更新する事が必用です。車検を受ける為にはディーラーや車検専門業者、ガソリンスタンドやカー用品ショップなどで受ける事が出来るので、費用や検査に掛かる期間などを比較して適切に検査を受ける事が必用です。

カテゴリー