バイク車検で安心・安全!イチオシ業者紹介

home > バイクの車検について > バイクを車検に出す際の車検業者の見極め方

バイクを車検に出す際の車検業者の見極め方

バイクを持っている人ならわかる話ですが、バイクをタイミングよく車検に出す必要があります。もちろん、タイミングといっても通知がきますので、その通知に合わせて業者に依頼することになるでしょう。業者によってバイクの車検にかかってくる金額には違いがあります。ですから、どこの業者でも良いわけではありません。きちんと見積もりを数社から取得するようにしましょう。数社から見積もりを取得した上で、比較検討を行います。比較検討して料金がリーズナブルなところを使っていきましょう。もちろん、料金だけで単純比較はできません。サービス面等も考慮することは大切でしょう。今は、全国展開しているようなところもたくさんあり、そしてリーズナブルです。対応能力も高く、お客さんへの接し方も優れているところが多いので、リサーチをしっかりすれば、良い業者が見つかります。


バイクの車検の有効期限は覚えておこう

車検と聞くとイメージされやすいのが車ですが、実は自動二輪車にも必要になってきています。もちろん全ての自動二輪車となるバイクではなく、排気量などによって車検が必要なタイプとそうでないタイプがあります。そんため自身が所有しているバイクの排気量などを必ずチェックし、必要に応じて行う必要があります。では実際に検査を行うための有効期限ですが、新車として購入した場合であれば3年の有効期限があります。それ以外で中古車などで購入した場合は有効期限が2年となっています。ただし中古の場合は購入した時期によって車検の有効期限は違いがあるので、しっかり把握しておく必要があります。また有効期限が切れた状態で乗ってしまうのは法的に違反となります。そうなっては大変なので、しっかり自身が所有しているバイクの有効期限は覚えておくことが重要といえます。


バイクは排気量によって車検の有無が変わります

移動手段として自動車の他に電車や自転車などがありますが、細い道など小回りが利く乗り物として自動二輪があります。自動二輪には様々な種類のバイクがあり、所有する人の趣味によって様々なタイプに分けられます。では実際に所有している場合ですが、重要になるのが車検になります。イメージとして自動車だけが必要な検査と思われがちですが、自動二輪であっても必要な種類があります。では実際に自動二輪となるバイクにとって車検が必要になる場合ですが、排気量によって必要かどうかが変わってきます。自動二輪車として排気量が251cc以上の車種であれば、必ず検査が必要となります。また新車であれば有効期限として3年がありますが、それ以降は2年に1度の検査が必ず必要になります。また250cc以下の場合は検査は義務付けられていませんが、所有者が定期的に点検を行う事で安全に乗ることができます。

次の記事へ

カテゴリー